2010年01月25日

「責任の重さ感じる」=当選から一夜明け稲嶺氏−名護市長選(時事通信)

 24日投開票の沖縄県名護市長選で初当選を果たした稲嶺進氏(64)は一夜明けた25日朝、自宅で報道陣の取材に応じ、「市民はこの日を待っていた。喜びもあるが、責任の重さを感じる」と、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題などに取り組む次期市長としての自覚を述べた。
 24日は選挙事務所を回り、25日午前2時すぎに帰宅。当選を直接報告できなかった遠方の支援者からは、激励の電話が早朝から相次いだ。北海道から電話をかけてきた支援者もいた。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕宮崎市長に戸敷正氏が初当選
「辺野古に基地造らせぬ」=稲嶺次期名護市長が決意強調
普天間、5月末までに結論=名護市長選「民意の表れ」
「基地検討委の結果待つ」と沖縄知事=宜野湾市長「県外移設に弾み」
宮崎市長に戸敷正氏が初当選

小沢氏、都内の宿泊先ホテルで聴取の可能性(読売新聞)
福島氏、求心力にかげり…対民主の不満根強く(読売新聞)
春の遍路シーズンの幕開けを告げる小豆島霊場開き(産経新聞)
<JR京浜東北線>踏切に人!緊急停車で6万人影響(毎日新聞)
「ごめんなさい…」執拗な取り調べにすすり泣く菅家さん(産経新聞)
posted by イマガワ カズアキ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パロマCO中毒判決は5月11日 元社長ら改めて無罪主張し結審(産経新聞)

 パロマ工業製ガス湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、東京都港区の大学生、上嶋浩幸さん=当時(18)=らを死傷させたとして、業務上過失致死傷罪に問われた同社元社長、小林敏宏被告(72)と元品質管理部長、鎌塚渉被告(59)の公判が18日、東京地裁(半田靖史裁判長)で開かれた。弁護側は「事故が起きることは予見できなかった」などと改めて無罪を主張し結審した。判決は5月11日。

 検察側は小林被告に禁固2年、鎌塚被告に禁固1年6月を求刑している。

 起訴状によると、小林被告らは昭和60年〜平成13年までに同社製品の不正改造による中毒事故が相次いだのを把握しながら対策を怠ったため、17年11月、自宅マンションで同社製湯沸かし器を使用した上嶋さんをCO中毒死させ、兄に重傷を負わせたとされる。

【関連記事】
パロマ元社長に禁固2年求刑 CO中毒死公判
パロマ社長が遺族と面会 湯沸かし器事故の発覚から3年
パロマガス事故 同族の悪弊、遺族が風穴
【イチから分かる】消費者庁 トラブル解決の「司令塔」
消費者庁誕生へ トラブル解決の“司令塔”

<足利事件>92年2月7日の地検聴取テープ(2)(毎日新聞)
「国民の理解得られる状況つくる」=小沢氏、任意聴取に自信? (時事通信)
<原子力事故>初期医療を支援する専門チーム発足 放医研(毎日新聞)
小沢氏、首相公邸を無言で出る(産経新聞)
稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点−名護市長選(時事通信)
posted by イマガワ カズアキ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。