2010年03月18日

納税環境整備で小委員会=政府税調(時事通信)

 政府税制調査会の専門家委員会(委員長・神野直彦関西学院大教授)は12日、納税環境整備に関する小委員会の初会合を開いた。小委員会は学者や税理士、弁護士ら民間有識者8人で構成され、納税者の権利を明記する「納税者権利憲章」の策定や、国税不服申立制度の改革などについて専門的見地から協議。政府内で検討が進められている「社会保障と税共通の番号制度」についても今後議題になると見られる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

長妻厚労相 年金事務所を視察 注文を連発(毎日新聞)
高校無償化法案が衆院可決へ 川端文科相が朝鮮学校の適用除外を示唆(産経新聞)
補足給付に福祉財源の投入を−全老健が要望書(医療介護CBニュース)
米ニューヨークで霊きゅう車をレッカー移動(スポーツ報知)
愛知の83歳を原爆症認定…名古屋訴訟控訴審(読売新聞)
posted by イマガワ カズアキ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。