2010年05月13日

普天間、決着先送りに言及=「6月以降も努力」−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は13日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「6月以降も詰めるところがあれば当然、努力する」と述べ、明言してきた「5月決着」の先送りに初めて言及した。政府は既に、米国や移設・移転候補地の自治体、連立与党の合意を得ての月内決着を断念しているが、首相自ら認めたものだ。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相はまた、平野博文官房長官が鹿児島県・徳之島の徳之島町議5人に基地機能移転への協力を求めたことに関し「大変厳しいという話は聞いた。ただ、(地元の)意見を伺うのは大変大事なことだから、これからも続けていく必要があるし、政府の考え方に理解をいただけるようにしていく」と述べ、粘り強く地元に働き掛けていく姿勢を強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
「国民ID」13年までに導入、20年には医療・介護のIT基盤を確立(医療介護CBニュース)
介護者死亡の高次脳機能障害者ら、代わり「いる」は2割弱 NPO調査(産経新聞)
<普天間>北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請(毎日新聞)
沖縄県知事、首相の認識は「県民の思いとずれがある」(産経新聞)
posted by イマガワ カズアキ at 17:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

医師偽った女逮捕=採用し勤務直前−不足に悩む県立病院に・岩手県警(時事通信)

 医師と偽り岩手県立宮古病院(宮古市)に勤務しようとしたとして、県警宮古署は10日までに、医師法違反容疑で自称大阪市天王寺区、無職一宮輝美容疑者(44)を逮捕した。婚約者だという男性も同容疑者とともに医師を名乗っており、同署は男性からも事情を聴いている。2人は8日に宮古市入りし、10日から同病院で勤務する予定だったという。
 同病院によると、一宮容疑者は2008年11月ごろ、「報道で宮古市の医師不足の現状を知った。地域医療の手助けをしたい」と同病院に電話。同病院は数回面接した上で今年4月、2人を医師として採用することを決めた。 

【関連ニュース】
エステ会社社長ら3人逮捕=無資格で光脱毛
診療報酬、病院を重視=勤務医対策手厚く-10年度改定案・中医協
エステ店経営者に罰金=無免許でしみ取り
美容機器会社社長を再逮捕=無免許でしみ取り

小児の「食物アレルギー」10年で2倍 花粉症の増加と関係アリ?(J-CASTニュース)
入れ歯ずれた患者撮影=准看護師、同僚に見せ笑う−栃木(時事通信)
普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
<女性遺体>「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場(毎日新聞)
ネアンデルタール人 ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析(毎日新聞)
posted by イマガワ カズアキ at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

石原都知事、威光に陰り?4選出馬説も交錯(読売新聞)

 東京都の石原慎太郎知事(77)は、22日で知事在任11年を迎える。

 現在3期目で残り任期は1年。「今期限り」と公言していることから、都庁内では「ポスト石原」を見越して、「求心力は大きく低下している」(幹部)との声が目立っており、今後の都政運営が注目される。

 「知事の意向だから」。都庁内部で政策を調整する際、摩擦を避けるために幹部らが口にしてきた言葉だ。石原知事の考えであれば「ノー」とは言いにくい。だが、都のある幹部は、最近そのセリフが庁内で聞かれなくなったと打ち明ける。残り任期が短くなり、知事の「威光」も衰えてきているというのだ。

 「実施まで数年を要する大型事業はとても提案できる状況ではない」。複数の都幹部はこうも語る。

 石原知事は1999年に初当選。「今期限り」を明言した3期目は、昨年7月の都議選で、知事と距離を置く民主党が第1党に躍進したことから、難しい都政運営を強いられてきた。昨年10月には2016年夏季五輪の招致に失敗。築地市場の移転や新銀行東京の経営再建問題などにも直面し、今月9日の記者会見では、4選出馬について「無理だね。年寄りをいじめないほうがいいよ」と語った。

 一方、「ラスト1年」に庁内でくすぶり続けるのが「4選出馬説」だ。石原知事が否定しながらも、先月から今月にかけて「心境は複雑に変化している」などと繰り返すなど、折に触れ、微妙な表現で続投をにおわすためだ。実際、「石原知事が4選目指して出馬するなら最有力候補」との分析は都政関係者の間でほぼ一致する。

 国政に対する言動も目立つ。新党「たちあがれ日本」の発起人に名を連ねて行動を活発化させると、「知事自身が参院選に出るのではないか」との観測も広がった。民主党のある都議は、「気を持たせるような発言は、求心力を保とうとする知事の戦略」と推測する。

 残り1年を支える都幹部も、「注目される政策を打ち出してきた知事だから、また驚くような政策が出るかも知れない」と語った。

<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)
猿人に近い種が祖先か=インドネシアの小柄な古人類−豪大教授が新説・国立科博(時事通信)
「最後の映像、使命感の結晶」=村本さん葬儀に500人−東京(時事通信)
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う−佐賀県警(時事通信)
<石綿>中皮腫死の教員に労災認定 学校での被害認定は初(毎日新聞)
posted by イマガワ カズアキ at 17:46| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。